【お知らせ】V-NETのYouTube動画を新たに公開しました!治験や臨床試験について動画で説明いたします 詳細はこちら »

ペットボトル症候群

いつも当サイトのご利用ありがとうございます。
毎日暑い日が続きますが
皆さん熱中症予防を心掛けていらっしゃいますでしょうか?
水分補給がなによりの予防策ではありますが
ペットボトル入りスポーツドリンクや清涼飲料水などを
大量に飲み続けることによって起こる急性糖尿病、
別名「ペットボトル症候群」が急増しているそうです。
糖分の多い清涼飲料水を大量に飲み続けていると
急激に血糖値が上がり
血糖値を一定に保つホルモンのインスリンの働きが
一時的に低下してしまうとのこと。
意識がもうろうとしたり
倦怠(けんたい)感があったり
昏睡(こんすい)状態に陥ることもあるそうです。
怖いですね...。
参考までに
市販飲料の多くが100mlあたり10gの糖分の含有量に対し
スポーツドリンクは6gと意外と高い糖分含有量です。
水分補給は大切ですが、
糖分の摂り過ぎに気をつけながら
しっかり水分補給をしてください。
※含有糖分をグラニュー等に置き換えているページがありましたのでご参考に。