【お知らせ】ログイン機能でWEBから協力費の確認や登録情報の変更が可能になりました。詳細はこちら »

薬が出来るまでの流れ3:治験の実施

治験の実施

(1)フェーズI
少人数の健康成人「治験ボランティア」を対象に、人での安全性・薬物動態などを調べます。

(2)フェーズII
少人数の患者を対象に、薬の効果と安全性を調べ、さらに適切な投与方法を検討します。

(3)フェーズIII
多人数の患者を対象に、薬の効果と安全性を確認します。