骨粗しょう症を知る!!

いつも当サイトのご利用をありがとうございます。
治験情報V-NETでございます。

年齢を重ねるごとに骨密度が減っていっている事をご存じですか??
「骨密度」とは字のごとく骨の密度を現すわけですが、女性の場合骨密度は18歳頃にピークに達します。
その後40歳半ば頃までは一定を保ちますが50歳頃から骨密度は急速に低下します。
カルシウムは腸から吸収され骨に取り込まれますが加齢になると腸からのカルシウム吸収が低下するため、
骨密度が低下する原因のひとつと言われています。
加齢が影響するため男性にもみられますが、閉経による女性ホルモン分泌低下が骨密度におおきく影響するため女性に多いです。
骨密度が低下すると、骨がスカスカの状態になり骨折をしやすい状況になります。
これを骨粗しょう症といいます。
骨粗しょう症になった事で、特に症状はありませんが、骨がスカスカの状態のため骨折しやすい状況になります。
こいった状況を引き起こさないためにも日ごろからカルシウム摂取に気を使い、強い骨を目指す事が大切です。


【カルシウムを多く含む食品トップ10】
1位 桜えび 690mg
2位 プロセスチーズ 630mg
3位 しらす干し 520mg
4位 いかなご 500mg
5位 あゆ 480mg
6位 カマンベールチーズ 460mg
7位 わかさぎ 450mg
8位 いわしの丸干し 440mg
9位 いわしの油漬け 350mg
10位 ししゃも 350mg

【番外編♪】
牛乳 130mg