【お知らせ】ログイン機能でWEBから協力費の確認や登録情報の変更が可能になりました。詳細はこちら »

時期による治験実施数

治験の実施には時期的な偏りがあります。具体的にお話しますと、4月から6月は活動が鈍い時期です。逆に、7月から年末にかけては活動が活発な期間です。この偏りは、製薬メーカーの開発予算が決定する時期が影響しているのと厚生省に資料提出が3月に締め切るのと関係しているものと思います。
また治験モニターさんに人気がある長期試験というのは、大体が4月~8月ぐらいにでることが多いです。それ以降は2泊3日×2などの「ゾロ」と呼ばれる同等性試験を行う事が多いです。