【お知らせ】ログイン機能でWEBから協力費の確認や登録情報の変更が可能になりました。詳細はこちら »

治験のメリット/デメリット

治験のメリット

健康な成人を対象とするフェーズIにおいては、医療上のメリットは一切ありません。ただし、治験に参加いただくことによる交通費、拘束時間、検査内容などから算出された負担軽減費が支払われます。

治験のデメリット

検査によって、痛みや不快感を伴うことがあるほか、参加中は決められた制限事項を厳守します。 また、開発段階の薬を使用することになるため、予期せぬ副作用が起こり得る可能性も0ではありません。