ヘルペス治験参加者募集中
ヘルペスを発症した事のある方を募集しております。

ヘルペスを発症した事のある方 ABOUT
ヘルペスを
発症した事のある方

治験情報V-NETでは、「口唇ヘルペス」「性器ヘルペス」
どちらかの発症経験がある方を募集しています。
(※申し込み時に発症していなくても受付可能)

ヘルペスウイルス科として9種類ある

ヘルペスウイルスは、ヘルペスウイルス科として9種類あります。
大きくわけると口唇ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルス(HSV)と帯状疱疹を引き起こす水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)2種類があります。
この2つは別のウイルスで治療方法も異なります。

【単純ヘルペスウイルス(HSV)】
・口唇ヘルペス(Ⅰ型)
・性器ヘルペス(Ⅱ型)
・カポジ水痘様発疹症
【水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)】
・水痘
・帯状疱疹

口唇ヘルペスや性器ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルスは感染力が高く直接的な接触はもちろんウイルスのついたタオルや食器を介しても感染するため家族間で感染する事が多いです。
ウイルスの感染により水疱(水膨れ)、腫れ、痛み痒みなどの症状を引き起こします。

ヘルペスとは

繰り返し発症する可能性が高いヘルペス

ヘルペスの発症後だいたい7~10日前後で症状は治まりますがウイルスがいなくなったわけではありません。ヘルペスウイルスは腰のあたりの神経に侵入し潜んでいるのです。風邪やストレスなどきっかけがあると活性化し神経を伝って皮膚や粘膜にでてきて病変を作ります。
ヘルペスは治療してもウイルスを完全に消すことはできないため繰り返し発症する可能性が高いのです。

完全になくすことはできないヘルペス

治験参加の流れ FLOW
ヘルペス治験参加の流れ

治験参加のお申し込みから治験参加までの流れの例をご紹介致します。

  • 2.アンケート回答
    1.アンケート回答
    1.アンケート回答

    アンケートにお答えいただき対象だった場合は検査にご案内します

  • 2.検査
    2.検査
    2.検査

    指定の医療機関に来院。検査の結果合格の方はヘルペス再発まで待機

  • 3.ヘルペス再発
    3.ヘルペス再発
    3.ヘルペス再発

    ヘルペス再発後翌日に来院(治験スタート)

  • 4.通院
    4.通院
    4.通院

    ヘルペス再発後2週間程度、医療機関に通院していただく必要がございます(日程は担当者と要相談)

治験参加のメリット

MERIT
治験参加のメリット

治験に参加していただくことにより、ボランティアさんには以下のメリットがあります。

  • POINT.01

    専門医による精密検査

    専門の医師に精密検査を受けることが出来ます。

  • POINT.02

    検査で状態を把握

    治験参加前には事前健診にご協力頂きます。健診から現在の糖尿病の状態をただしく把握することができます。

  • POINT.03

    医療費の軽減

    負担軽減費という形で金銭のお支払いがございますので治療費負担を軽減する事ができます。
    例:通院試験の場合1通院あたり1万円の負担軽減費が貰えます。

現在募集中の治験 DIABETES TRIAL
現在募集中のヘルペス治験

現在対象の治験は、下記を募集しております。
参加希望の治験がございましたら治験コードを控えていただき、
お電話もしくはお申し込みフォームでお問い合わせください。

会員登録 APPLICATION
会員登録について

ご参加希望の治験がございましたらまずは会員のご登録をお願い致します。

TOPに戻る