中性脂肪やコレステロール値が高い方対象試験にご協力下さい。

健康診断でコレステロールが高いと言われたことはありませんか?
治験情報V-NETでは、コレステロールが高い方またその疑いがある方を対象とした、
治療試験の参加者を募集しております。
  • お電話でのお問い合わせ
    0120-979-815 受付時間|10:00~18:00(平日)
  • WEBからのお問い合わせ お問い合わせ
そもそもよく聞くけど意外と知らない...

中性脂肪とコレステロールって?

自覚症状が少ない...!?

「中性脂肪」と「コレステロール」。
健康診断で基準値以上と指摘されているけど、
自覚症状にいまいち欠ける...と言う方が多いのではないでしょうか。

もしかしたらそこに落とし穴があるのかもしれません。
この状態を続けていくと、動脈硬化が進んで心臓病、高血圧、脳血管疾患
等の生活習慣病にかかるリスクが上がります。

今回は以外と知られていない中性脂肪とコレステロールについて
特集していきます。
この機会に一度ご自身の生活習慣も含めて見直してみませんか?
  • 体脂肪は中性脂肪から出来ています

    身体の中にある体脂肪や、食べ物の肉の
    脂身の部分は、中性脂肪で出来ています。

    食事で摂った中性脂肪は、小腸で分解し、
    吸収されエネルギーとして血液に入り、
    身体に行きわたります。

    健康診断で指摘される中性脂肪とは、
    この血液中の中性脂肪のことを指します。


    身体を巡って使い切れずに余った中性脂肪は、
    不足時に備えて、肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。
    これが、体脂肪です。


    中性脂肪値は、食べ過ぎで高くなりますが、油ものだけが
    原因ではなく、炭水化物を摂り過ぎによっても高くなります。

    また、アルコールが肝臓で代謝される際にも、
    中性脂肪の合成が促進されます。
  • コレステロールには2種類のものがあります

    同じ脂肪でもコレステロールは
    体を作る細胞の壁の材料になったり
    ホルモンや胆汁酸の材料としても使われています。

    コレステロールには、LDLコレステロールと
    HDLコレステロールの2種類があります。


    LDLコレステロールは肝臓から全身の
    必要な組織に運ばれ、体内では欠かせないものなのですが、

    その量が多くなると血管壁に蓄積し、動脈硬化を促進させてしまいます。

    また、HDLコレステロールは血管中の余分なコレステロールを
    肝臓へ回収する働き
    があります。

    血液中でLDLコレステロールとHDLコレステロールが
    バランス良く行き来することで、身体は健康に保たれます。
もしも肪・総コレステロール数値が高く、HDLコレステロールが低くなるとどうなるの?

高コレステロールの落とし穴

血液がドロドロになり、様々な影響が起こります。

中性脂肪・総コレステロールが高いと、血液中に脂肪が沢山含まれ、
血液がドロドロになり、血管の内側にこびりつき血管循環を妨げ、
血栓ができやすい血管・血液になります(動脈硬化)。
逆にHDLコレステロール(善玉コレステロール)は、血管の壁などに余計に付着しているコレステロールを回収する役割があります。
この値が低くなっていると血管などに付着している余計なコレステロールが回収できなくなります。
もしもそのままほうっておくと...

高コレステロールの影響

中性脂肪・総コレステロールが高くHDLが低いままほっておくと...血圧が高くなったり、糖尿病や肝硬変などの病気にもなりやすくなり、
致命的な病気(脳梗塞や心筋梗塞)を高い確率で引き起こすことになります。
  • 高血圧

    血液がドロドロで、血管循環が悪くなり、血液の流れに負荷がかかります。
    高血圧についてはコチラにも関連記事があります。
  • 糖尿病

    生活習慣の影響で高コレステロールから発病する可能性があります。
    糖尿病についてはコチラにも関連記事があります。
  • 肝硬変

    高コレステロールを放置し、慢性の肝障害の進行によって起こりうる可能性があります。
  • 脳梗塞&心筋梗塞

    血管循環が悪くなり、血管内に様々な負荷が増し、脳梗塞や心筋梗塞につながるケースもあります。
※ただし、総コレステロールが高くても、中性脂肪が低く、HDLコレステロールも高い数値であればそれほど心配する事はないようです。

次のような方は要注意

下記に該当する方は特に注意が必要です。
これらのことに注意して生活を改善し、定期的な検査を受けることが大切です。
  • 肥満・運動不足

    日頃からの過食や脂肪のとりすぎによる肥満...運動が不足がちな方は注意が必要です。
  • 糖分・アルコール

    日頃から糖分やアルコールの摂取が多い方も注意が必要です。
  • 食物繊維の不足

    ついつい不足がちの食物繊維も危険因子につながるので注意が必要です。
  • ヘビースモーカー

    日頃から煙草をよく吸われる方も危険因子につながるので注意が必要です。
  • 現在募集中の治験をご確認はこちら
  • WEBからの会員登録はこちら
セルフチェック リスク回避のため、ご自身の身体をチェックしてみましょう!

あなたの身体は大丈夫?

セルフチェックから危険因子除去の第一歩に繋がります。

自分の身体の現状を知ることが、今後の生活や健康を保つために繋がります。 まずはセルフチェックを行って、自分の状態を認識し直しましょう。
  • 中性脂肪・コレステロールチェック表 セルフチェック
  • やっぱり該当しちゃった セルフチェックに該当された方は是非

    治験へのご協力をお願いします

    治験へのご協力をお願い致します

    現在募集中の対象治験

    中性脂肪・高コレステロールの方対象試験は下記のものを現在募集しております。皆様のご協力よろしくお願いします。
    現在募集中の治験はございません

    治験参加の流れ

    治験参加のお申し込みから治験参加までの流れの例をご紹介致します。(※一部例外の治験もございます)
    • STEP.1

      募集情報を確認する

      治験は目的に応じてそれぞれの募集の基準がありますので、目的の募集治験情報から参加条件、除外条件などをご確認下さい。
    • STEP.2

      参加可能な治験にお申込み

      V-NETフリーダイヤル(0120-979-815)にお電話下さい。
      ※その際、ご希望される治験コードと日程をお伝えください。
      新規登録のアンケートとご希望の治験に参加できるかどうかの確認に15分ほどお時間をいただきます。
    • STEP.3

      治験参加にあたっての確認連絡

      お申込みの後日、担当機関から、事前健康診断の場所や日程、負担軽減費など治験の詳細の説明があります。
      また、再度健康状態の確認をさせて頂く場合がございます。
      条件に合えば、治験を行っている医療機関に紹介させていただきます。
    • STEP.4

      決定した場所、日程で事前健康診断受診

      STEP.3の確認連絡でご説明された日程と実施場所で事前健康診断を受けていただきます。
      ※治験参加合否に関わりますので、健康診断前の注意事項は必ずお守りください。
    • STEP.5

      治験参加合否連絡

      担当機関から健康診断での合格結果がボランティアさんに通知されます。
    • STEP.6

      治験参加合格者、試験開始

      治験参加合格者のボランティアさんに試験を受けていただきます。

    治験に関するお問い合わせとメルマガ登録

    • ご質問、ご不明な点ございましたらご気軽にお問い合わせください。
      メルマガの購読もお待ちしております。
    • 0120-979-815 受付時間|10:00~18:00(平日)