【お知らせ】ログイン機能でWEBから協力費の確認や登録情報の変更が可能になりました。詳細はこちら »

高血圧症

血液を送り出すときの圧力が高い状態をいう。血管に加わる圧力が高いと血管が傷つきやすく、脳や心臓など重要な臓器の血管が傷つき、生命にかかわる重大な病気の原因となることがある。血圧値が正常とされる基準(最高血圧130mmHg未満、かつ最低血圧85mmHg未満)を慢性的に超えた状態。