【お知らせ】ログイン機能でWEBから協力費の確認や登録情報の変更が可能になりました。詳細はこちら »

後発医薬品/ジェネリック医薬品

新薬として発売された医薬品は一定期間(20~25年)は特許に守られるため、他社が同じ成分・同じ効能の製薬を製造・販売することはできないが、特許が切れると同様の医薬品を製造・販売することができる。
先発医薬品の特許権が消滅するとゾロゾロたくさん出てくるので「ゾロ」「ゾロ薬」等と呼ばれていたが、近年「ジェネリック医薬品」とよばれる。ジェネリック医薬品の特徴としては、新薬開発の工程が省かれるため、新薬と比べて半額程度と安価である。