製造販売後臨床試験

新しい薬が販売されるようになると、多くの患者さんの病気の治療に使われるため、治療効果や安全性について、引続き情報を集めることが必要となる。製造販売後臨床試験とは、市販後臨床試験とも言われ、治験や市販後調査で得られた情報を確認するためや、日常の診療下では得られない医薬品の適正使用情報を収集するために行う試験のことをいう。製造販売後臨床試験は臨床試験と同様に、GCPおよびGPSPを遵守して実施しなければならない。