第II相試験(Phase2)

治験の3つの段階のうち、2番目の段階を「第II相試験」と言う。比較的少数の患者に対して第I相試験で安全性が確認された用量の範囲で薬剤が投与される。その有効性、安全性、用法(投与回数、投与期間、投与間隔など)、用量を調べ、次の第III相試験実施の際の用法、用量を決定する。このように、試行錯誤しながら試験を実施することから、「探索的臨床試験」とも呼ばれる。