第III相試験(Phase3)

治験の3つの段階のうち、3番目の段階は「第III相試験」と言い、多数の患者に対して薬剤を投与し、第II相試験の結果を基により詳細な情報を集め、実際の治療に近い形での効果と安全性を確認、検証する。この段階では、既に承認され評価が固まり一般的に広く使用されている他の薬とどこが異なり、どこが優れているのかを調べる比較試験を行う場合がある。「検証的臨床試験」あるいは、「実証的臨床試験」 と呼ばれている。