二重盲検法(DBT:Double Blind Method)

プラセボによるプラシーボ効果(思い込み効果)を除去するために、医者にも患者にもどちらが、薬効のある「披検薬」でどちらが、薬効の無い「プラセボ」であるか、わからないようにして、治験を進める方法。また、二重盲検法によって実施される臨床試験を二重盲検試験あるいは、二重盲検比較試験(DBT:Double Blind Test、Double Blind Study)、と言う。