バイアス

偏りともいう。研究手法によって起こった真実と結果に生じたズレのこと。仮説要因と疾病との真の関連をゆがめて、誤った研究結果を導いてしまう要因は、都合の良いデータ収集、施設による選定基準の違い、測定、評価・解析方法のミス、被験者心理(プラセボ効果)などがある。