市販後調査(PMS:Post Marketing Surveillance)

新薬市販後に医薬品製造業者が行う調査で、日常診療下での医薬品の有効性、安全性の確認とともに、市販前(治験)では得られなかった医薬品の適正使用についての情報の収集、提供を目的として行われる。市販後調査の実施は、GPMSPによって、医薬品製造業者に対して義務づけられている。