コロナ禍におけるストレス変化に関する

アンケート
結果発表

2019年12月に初症例が確認されてから2年が経ち「withコロナ」という新しいライフスタイルを確立しつつあります。
しかし、表面的な良い方向への変化とは裏腹に、新型コロナウイルスは生活環境の変化を強いることで、
私たちのストレスに大きな影響を与えているのではないかと想定されます。
2022年4月に実施したアンケートで、新型コロナ流行前と流行後でストレス状況にどのような変化があるのかを調査いたしました。

調査概要

調査内容
コロナ禍におけるストレス変化についての調査
実施対象
V-NET会員とアンケートモニターサイト閲覧の非会員の方
実施方法
V-NET会員への告知とアンケートモニターサイトへの掲載
実施期間
2022年3月16日(水)~4月17日(日)
有効回答数
4,331票(男性2,216名、女性2,115名、12~87歳 平均年齢43歳)

アンケート結果の分析・考察

新型コロナウイルス【流行前】と【流行後】の、他者との接触頻度についてご回答ください

※他者との接触…同居家族以外の方と同じ空間で15分以上一緒に過ごす状態

他者との接触頻度(全体)

流行前
流行後

他者との接触頻度(同居/一人暮らし・男/女)

1人暮らし

毎日週に6日週に5日週に4日週に3日週に2日週に1日月に2.3日月に1日月に0日
流行前34412121453596461561934
流行後17264182819792103977265
流行前流行後
毎日344172
週に6日12164
週に5日214182
週に4日5381
週に3日5997
週に2日6492
週に1日61103
月に2.3日5697
月に1日1972
月に0日3465

同居

毎日週に6日週に5日週に4日週に3日週に2日週に1日月に2.3日月に1日月に0日
流行前102434261822424621822521010891
流行後512187569197288327331331307257
流行前流行後
毎日1024512
週に6日342187
週に5日618569
週に4日224197
週に3日246288
週に2日218327
週に1日225331
月に2.3日210331
月に1日108307
月に0日91257

男性

毎日週に6日週に5日週に4日週に3日週に2日週に1日月に2.3日月に1日月に0日
流行前7302304151351501571431375069
流行後398122374129193233223217171156
流行前流行後
毎日730398
週に6日230122
週に5日415374
週に4日135129
週に3日150193
週に2日157233
週に1日143223
月に2.3日137217
月に1日50171
月に0日69156

女性

毎日週に6日週に5日週に4日週に3日週に2日週に1日月に2.3日月に1日月に0日
流行前6382334171421551251431297756
流行後286129377377192186211211208166
流行前流行後
毎日638286
週に6日233129
週に5日417377
週に4日142377
週に3日155192
週に2日125186
週に1日143211
月に2.3日129211
月に1日77208
月に0日56166

幅広い層に行動変化がみられる

他者との接触が【毎日】ある方はコロナ流行前1,368票からコロナ流行後684票で約半数となっています。他者との接触が【月に0日】の方はコロナ流行前125票からコロナ流行後322票で約2.6倍増えています。
また男女別や同居・一人暮らし別の他者との接触頻度を見ても流行前と流行後では接触頻度を控えている様子をうかがえます。
幅広い層に行動変化があった事がわかります。

新型コロナウイルス流行の影響で【家族/学校や職場/友人/パートナー】に対して感じるストレスに変化はありますか

増えた
流行前と変わらない
減った

流行前後にストレス量に変化は無いと感じている方が多い結果に

ストレス量が増えたと答えた人が一番多かったのが学校や職場1,696票でした。また、ストレス量が減ったと答えた人が一番多かったのも学校や職場295票でした。
しかし、全体を通してコロナ流行前と流行後にストレス量に変化は無いと感じている方が多い結果になりました。

新型コロナウイルス流行の影響で増えたと感じるストレスはありますか

家族

生活環境・生活リズムの変化272
外出制限182
感染リスクの不安172
家事・育児・介護113
感染予防対策111
感染予防意識の違い106
干渉・強要40
接触機会の減少38
金銭22
31

学校や職場

感染予防対策578
コミュニケーション341
感染リスクの不安329
環境・仕様の変化247
感染予防意識の違い179
金銭81
干渉・強要59
行事・イベントの縮小39
漠然とした不安・イライラ36
32

友人

接触機会の減少425
感染予防意識の違い175
感染リスクの不安96
コミュニケーション24
干渉・強要11
漠然とした不安・イライラ7
24

パートナー

接触機会が増えた80
感染予防意識の違い74
接触機会減61
感染リスクの不安60
家事・育児・介護47
態度・言動43
外出制限40
感染予防対策34
漠然とした不安・イライラ33
干渉・強要13
金銭10
生活環境・生活リズムの変化10
会話が減った5
21

家族に対して増えたと感じるストレス

リモートワークや外出制限の影響で生活スタイルにも変化があり、自分だけの時間を持てないストレスを抱えている方が多いという結果になりました。また、外出しづらい環境への苛立ち、同居している家族が「感染するかもしれない」「感染させてしまうかもしれない」と不安を感じている方も多いようです。

【 回答者の声 】
・一緒にいる時間が増えてケンカが多くなった。食事の用意も大変になった(54歳女性)
・外出自粛やリモートワーク、オンライン授業等でずっと家にいる時間が増えて昼食も準備しないといけない等、その分イライラする事も増えた(40歳女性)
・完全在宅勤務となり「家にいるんだから」と家事を行う事が増えた事(59歳男性)
・テレワークで家に人がいる状態が増え、電話の声がうるさく感じる(25歳男性)
・リモートで家にいる旦那が少しでも音を立てるとうるさい(45歳女性)
・ワクチンを打てと毎日言われる(23歳女性)

学校や職場に対して増えたと感じるストレス

マスク着用や、こまめな消毒・換気などの感染予防対策にストレスを感じている方が多くいました。またリモートワーク等になりコミュニケーションがとりづらい、仕事上の関係を築きにくいという声がありました。

【 回答者の声 】
・体温を計ったり消毒を何回もしたりワクチン接種の証明を提出しなければいけない(40歳女性)
・マスクを着用している為聞き取りにくい事が増えた(32歳男性)
・濃厚接触による自宅待機期間で給料が減少した(28歳男性)
・他人の咳やくしゃみに過敏に反応してしまう(40歳女性)
・職場の人とご飯に行ったらいけない(29歳女性)

友人に対して増えたと感じるストレス

外出制限に伴い、友人と会う機会も減ったため、会えないことへの不安・ストレスを感じている方多い結果となりました。また、新型コロナウイルスに対する認識、予防の程度には個人差があるため、考え方や認識の違いに不安を覚える方が多くいました。

【 回答者の声 】
・コロナに感染していないだろうかと疑うようになった(71歳男性)
・飲み会ができなくて、疎遠になっていく不安を感じる(63歳男性)
・友人が手指消毒が甘いと不安になった(27歳女性)
・コロナを極度に気にする人と、そうでない人がいるので、どちらなのかな?と考えることが少しだけ増えた(26歳女性)

パートナーに対して増えたと感じるストレス

友人とは異なり気軽に会うことができるパートナーに対しては、接触する機会が増えた事で衝突が増えストレスを感じている方が多くいました。また、相手の言動に対して不満を抱く声や理由も無くイライラするという声もありました。

【 回答者の声 】
・経済的なことが原因で喧嘩が増えた(47歳女性)
・家事にいちいち口出ししてうるさくて仕方ない(73歳女性)
・会話がなくなった(51歳男性)
・妻が自分のイライラをぶつけてくる(48歳男性)
・デートをしてもあまり遠くの場所には行けないし、人気のスポットは人が多く一緒に出かけることが減った(21歳女性)
・会えなくなって喧嘩が増えた(41歳女性)

ストレス軽減の為にした行動はありますか

家族

無し263
感染予防対策の徹底151
運動130
ひとりの時間126
趣味・娯楽123
外出65
食事を楽しむ52
話合う34
お酒をのむ29
外部サービスの活用26
快適な環境づくり32
睡眠17
気にしない17
オンラインの活用16
協力してもらう16
掃除9
喫煙4
離婚2
引っ越し1
29

学校や職場

感染予防対策の徹底286
働き方を変える130
趣味・娯楽111
運動74
話合う62
食事を楽しむ55
我慢54
気にしない46
距離を置く31
お酒を飲む29
ひとりの時間25
睡眠22
外出19
注意・お願いをする17
入浴9
仕事に没頭する7
自宅時間を充実させる9
医療機関受診9
36

友人

オンラインの活用167
距離を置く163
感染予防対策の徹底57
お酒を飲む31
趣味・娯楽25
運動23
ひとりの時間16
気にしない12
我慢11
食事を楽しむ9
注意・お願いをする7
話合う5
睡眠4
35

パートナー

無し136
距離を置く61
感染予防対策の徹底40
趣味・娯楽36
話合う29
オンラインの活用27
ひとりの時間23
注意・お願いをする22
快適な環境づくり22
運動19
外出19
我慢15
離別13
気にしない11
食事を楽しむ8
お酒をのむ4
仕事に没頭する4
22

家族から感じるストレスへの対策

ストレスに対して「何もしていない/無し」と答える方が最も多い結果でした。また、出来る対策を徹底的にして不安やストレスを回避している方も多いようです。ストレス緩和の為、運動をしていると答えた方は個人で出来る筋トレやランニングを上げている方が多く、感染対策をしつつ行動されていることが伺える結果でした。

【 回答者の声 】
・とにかく美味しいものをたべて寝る(43歳女性)
・ヨガや家の片付け、自炊の頻度を増やしてみた(26歳女性)
・室内でできる筋トレやサイクリングマシンなどで体を動かしてストレスを発散(32歳男性)
・別の部屋で過ごしてなるべく同じ空間にいないようにしました(45歳女性)

学校や職場から感じるストレスへの対策

前設問でストレスに感じていることが「感染予防対策」と答えている方が最も多い結果でしたが、ストレス緩和の為に行動していることが「感染予防対策の徹底」と答えている方が最も多い結果でした。学校や職場は日常を過ごす場所であるからこそ感染予防対策を徹底して、感染リスクの不安を回避しているのかもしれません。

【 回答者の声 】
・必要以上に話をしない(28歳女性)
・テレワークを可能な限り増やして、職場への出勤回数を減らす行動をしている(44歳男性)
・手洗いやソーシャルディスタンスなどの基本的な感染対策(39歳女性)
・通勤電車を遅らせてあまり人のいない時間帯の電車に乗ること(27歳女性)
・給料が下がった分バイトをした(33歳女性)

友人から感じるストレスへの対策

前設問での回答が「接触機会が減った」「感染予防意識の違い」多かった影響か、その対策として「オンラインの活用」や「距離を置く」と答えた方が多くいました。また、友人と会う機会を減った影響か、お酒や食事を楽しむ等お家での時間を大切にしているとの回答が多くみられました。

【 回答者の声 】
・オンラインでのコミュニケーションをするようになりました(65歳男性)
・対面を避けてオンラインや電話で会話する(69歳女性)
・オンラインゲームなどを始めた(23歳男性)
・ジョギングや散歩等、個人でできるストレス対策をする機会が増えた(39歳男性)
・考えの違う友人とは直接会う機会を減らした(38歳女性)

パートナーから感じるストレスへの対策

家族同様、ストレスに対して「何もしていない/無し」と答える方が最も多い結果でした。また、相手と距離を置いてストレスを増やさないようにしているという声も多くありました。13票ではありますが、離婚や別れをした方もいました。

【 回答者の声 】
・何も言わずに出かけて友達とランチ(45歳女性)
・LINEやメールで連絡しあった(39歳男性)
・気を付けるよう頼んだ(46歳女性)
・一緒にいる時間を減らす(71歳女性)
・会う時は家であったり人が少ない場所でも楽しめる隠れ家的ご飯屋さんを探したりした(21歳女性)
・感染者が多い時はなるべくお家で過ごしてほしいとお願いしたり、常に話し合いをしています(34歳女性)

新型コロナウイルス流行の影響で減ったと感じるストレスはありますか

家族

コミュニケーション45
時間15
家事・育児・介護5
金銭2
無し 2
11

学校や職場

人間関係155
通勤64
作業効率50
離職した為ストレス自体が無くなった16
感染リスク9
人の顔色9
睡眠3
無し2
金銭2
11

友人

人間関係181
気遣い8
金銭6
時間4
6

パートナー

接触機会が増えた32
家事・育児・介護6
離別2
時間3
14

家族に対して減ったストレス

「一緒に過ごす時間が増えてすれ違いが減った」や「親戚づきあいが減った為」等、身近な方とのコミュニケーションに関する回答が多くありました。また、生活環境が変わった影響で時間に余裕が出来た、家事や育児を分担して出来るようになった等の声がありました。

【 回答者の声 】
・在宅が増えたのでコミュニケーションが増えた(53歳男性)
・親戚付き合いが減った(32歳女性)
・保育園の送迎と通勤という移動に疲れていたが、在宅勤務ができるようになり、保育園の送迎だけで済む日があるのでとても楽になった(40歳女性)
・家にいる時間が長くなり、お互いの理解が深まったので、全体的にストレスが減った(42歳男性)
・仕事や飲み会からパートナーがいつ帰ってくるかわからない不安からのストレスが減りました(29歳女性)

学校や職場に対して減ったストレス

直接会う事が減った影響でストレスも減ったと答える方が多くいました。また働き方が変わった影響か、通勤時間が無くなった、作業効率が上がった、睡眠時間が増えたなど時間的に余裕が出来たと答える方もいました。

【 回答者の声 】
・通勤のストレスがなくなり、フリーデスクの場所取りがなくなった(53歳女性)
・在宅ワークが増えたため、苦手な同僚と顔を合わせることが減った(28歳女性)
・学校など意味のない会議やPTA活動が軽減された(48歳女性)
・不必要なコミュニケーションが減った(47歳男性)
・飲み会などの面倒な付き合いの減少、リモートワークで通勤時間が無くなった(39歳男性)

友人に対して減ったストレス

直接会う機会が減った影響で「無理な付き合いが減った」「人間関係の断捨離ができた」等、人間関係が良好になったと答える方が多くいました。また、付き合いでの外出が減って金銭負担が減ったと答える方もいました。

【 回答者の声 】
・会う機会が減ったので気を遣わないで済む(56歳男性)
・無理に会わなくてよくなった、飲み会が断りやすくなった(33歳女性)
・約束事が減った分、会う時に新鮮に感じる事で会うストレスが減った(26歳男性)
・誘われてもコロナがあるからと言い訳をして無理に遊ばなくてよくなった(21歳女性)
・会う頻度が激減したため、金銭を遣う機会が減ったこと(60歳女性)

パートナーに対して減ったストレス

パートナーに対して増えたストレスで最も多い回答が「接触機会が増えた」でしたが、減ったストレスも「接触機会が増えた」と答える方が最も多い結果でした。また、家事や育児を分担できるようになり、ストレスが軽減されたと回答される方もいました。

【 回答者の声 】
・会話が増えて、仲が良くなりました(32歳男性)
・一緒にいてくれることが嬉しい(26歳女性)
・家事育児への協力が増え助かります(27歳女性)
・夜遅くに帰宅した時の食事の準備や後片付けのストレスが減った(53歳女性)
・お互いに健康であることのありがたさが、身にしみて感じるようになりました(58歳女性)

ストレスと向き合い、自分を大切に

新型コロナウイルス流行前と流行後では、ストレス量に変化は無いと感じている方が最も多い結果とはなりましたが、一方で新型コロナウイルス流行以降、「減ったストレス」よりも「増えたストレス」の方が多いことも確かです。 また、1日の大半を過ごす学校や職場に対してのストレスが多い事がわかりました。新型コロナウイルス流行に伴い、在宅勤務やリモートでの授業が増え、学校や職場へ行く事自体は減っていますが、仕様の変更やコミュニケーションの取りづらさに伴うストレス、附随して家族やパートナーにストレスが影響していると思われます。 また、そのストレスを軽減するための行動を十分に出来ていない方も多くおり、心理的負担が懸念されます。

ストレスはたまりすぎると自律神経の働きやホルモンバランスに影響を及ぼします。また、免疫力が低下して病気がち、気分が落ち込みやすい等、心理的負担はもちろん身体的に負担を及ぼす可能性があります。 本アンケートを通じて、自身のストレスと向き合うきっかけとしていただければ幸いです。